三朝温泉へようこそ

  1. ホーム
  2. 三徳山投入堂について

その開山は慶雲3年(706)にさかのぼります。役行者が3枚のハスの花びらを散らし、「佛教に縁のあるところに落ちるように」と祈ったところ、その1枚が伯耆の三徳山に落ち、この地を修験道の行場として開いたのがはじまりとされています。

その後、嘉祥2年(849)慈覚大師によって阿弥陀如来・大日如来・釈迦如来の三尊が安置されたので、天台宗三徳山三佛寺と称し、堂舎38字・寺3千軒・寺領1万町歩・3千石を領していました。平安時代には山岳仏教の霊場として信仰され、全国森林浴の森百選にも選ばれた、豊かな自然と山中に点在する諸堂は往古のまま今に残されています。

参詣案内

本堂までの参詣の方は、参詣受付案内所で入山料をお支払い下さい。
大人 400円 / 小・中学生 200円
団体割引 50円引き(20名以上)
受付時間:午前8時~午後5時

投入堂参拝登山案内

投入堂まで参拝受山される方は、本堂裏の入峰修行受付所(参拝登山事務所)で手続きを行って下さい。
志納金:大人 200円 / 小・中学生 100円
(入山料とは別に必要です)
参拝登山受付:午前8時~午後3時
※往復所要時間目登山事務所から約1時間30分~2時間

主な年中行事

1月元旦:修正会(初詣)
2月3日:節分・星祭(豆まき)
4月1日:慶雲入峰(山聞き)
4月18日の次の日曜日:春会式(三徳縁)
7月18日:夏会式(大般若会)
8月16日:万灯会
10月最終日曜日:秋会式(炎の祭典)
12月31日:除夜の鐘 毎月18日:おかゆの日

主な文化財

国宝投入堂(三沸寺奥院)

重文木造蔵王権現立像7体、木造十一面観音立像、文殊堂、地蔵堂、納経堂、銅鏡

三徳山名物料理

三徳山名物料理
各お寺と茶店では名物の豆腐や山菜料理、また川魚料理などご賞味いただけます。
お寺精進料理要予約。
(1,500円~3,000円程度)

ページトップへ

三徳山全景

花のいえ 館内図 投入堂・不動堂 元結掛堂 観音堂 納経堂 鐘楼堂 地蔵堂 文殊堂 カズラ坂 宿入橋 三徳山参道入口

ページトップへ

三徳山投入堂登山の心得

1.お一人での登山はできません。

2.険しく危険な個所がありますので、十分ご注意ください。

3.服装にご注意願います。スカート・スラックスの着用はお止め下さい。靴は凹凸のある運動 靴かトレッキングシューズを履いてください。(金具の付いた登山靴はダメ)。

4.弁当の持込は禁止いたします。

5.両手に荷物を持たないよう、リュックサック携行が望ましいです。

6.雨天荒天・積雪時は、参拝登山禁止いたします。

7.修行道・参拝道での金品の紛失・登山中の怪我等の責任は負えません。十分な自己管理
をお願いします。

ページトップへ

三朝町ふるさと応援寄附金 楽しいイベント情報が満載!
三朝温泉旅館一覧 世界屈指のラジウム温泉 三朝ミスト 三徳山投入堂 泉娯楽場
日本遺産 三徳山 三朝温泉 「六根清浄と六感治癒の地」 神の食卓 ふるさと健康むら 人材確保推進事業の概要 鉱泥シップパンフレット 熱気浴パンフレット 詳細はこちら 温泉街のお店情報 三朝周辺お天気情報 詳細はこちら
三朝温泉旅館協同組合 公式携帯サイト